趣味の記録帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 読書

<<   作成日時 : 2018/04/16 11:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

■4月に読んだ本

〇〇 、【カラマーゾフの妹】312ページ、著者:高野史緒。

 江戸川乱歩賞受賞作。
原典、ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』は読んだことがない。
今回読んだこの小説の中には、そのあらすじが書かれていて知ることができた。

画像


 「カラマーゾフ事件」・・・カラマーゾフ家で起きた不可解な父殺害事件。
この小説は、そこから13年後のことが綴られている。
当時の裁判では、長男ドミートリーが犯人とされて有罪判決となったが、13年後カラマーゾフ家の次男イワンが未解決事件課の特別捜査官となって再捜査に乗り出す。
他に真犯人がいるのか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
読書 趣味の記録帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる